脇が汚くても別にいいじゃん!って現実逃避するにはまだ早い。

他の子よりも発育がよかった私。
小学生のころには普通にアンダーもワキ毛も生えてきていました。

 

周りの子の中ではいちばん早かったです。
でも男の子にからかわれるのが恥ずかしくて、親の目を盗んでピンセットで抜いていました。

 

親の目を盗んでムダ毛処理

 

そして中学生になると、周りの子も普通に私と同じ状態、ムダ毛仲間ができた時期です(笑)

 

友達の家に泊まって朝まで女子トークをしていました。
誰が好き?だの、誰と誰が付き合っているだの、中学生の女の子のごく普通の話題ですよね。

 

よく泊まらせてもらってた子の家はお金持ちで、お風呂も大きかったんです。
だから友達と一緒にお風呂に入ってました。そうなると当然お互いの裸を見るわけで、体の話になります。

 

あれ?おっぱい、大きくなった?といいながら揉み合ったり(笑)
…これって、普通ですよ…ね?

 

あとはムダ毛の話もしました。
ビートを試しただとか、このカミソリはイマイチだったとか。

 

女子のムダ毛トークです

 

汚い脇をつくる方法に目覚める(笑)

私はムダ毛の量自体はそんなに多くないほうですけど、1本1本が太いので目立つんです。

 

ワキ毛を剃っても、ちょっとでも伸びると目立つのが本当にイヤで、そのころから毎日剃っていましたね。

 

でも、それが良くなかったんでしょうね。
子供同士の知恵の出し合いなんてしれてます。
その情報を鵜呑みにして、毎日毎日、デリケートな脇を処理していたんですから。

 

その結果、できあがったのは色素沈着した汚い脇です。

 

ほ〜ら、脇、汚いでしょ!

 

毎日カミソリを使うんですから、剃刀負けをすることもしょっちゅう。
おかげで脇が乾燥気味になって、痒くなったり赤くなってヒリヒリ痛んだりもしました。

 

高校生になるころには、立派な人には見せられない汚い脇でした(笑)

 

本当に悩みましたね。わたしの一番のコンプレックスでした。

 

大学になってさすがに彼氏候補も見つかったので、コレはなんとかしないとマズイと思い「汚い脇を何とか治すぞ大作戦」を決行しました(笑)

 

作戦開始です!

 

バイト代をドラッグストアに献上する日々からの〜?

地元のドラッグストアを巡って、良さそうなものはすべて買いました。
バイト代をかなりこの作戦に注ぎ込んだな…。

 

顔に塗る美白化粧水とか豆乳ローションとか、脇にいろいろなものを塗りました。

 

でも今まで散々傷つけてきた脇。
肌がボロボロになっているからか、ちょっとでも肌に合わないと染みて痛いのなんの。

 

とはいえ、痛くないものを見つけても、効果が全然なかったり。

 

何をやってもダメだ〜

 

で、半分あきらめかけていた時です。

 

一緒のサークルの友達に誘われました。

 

「一緒に○○行かない?」って。

 

どうやら友達同士で一緒にそこへいくと、特典がもらえるみたいで、暇だった私は何となく付いて行きました。

 

それが転機でしたね、今思えば。

 

この汚い脇との向き合い方を考え直し、大きく反省しました。

 

「脇、ゴメンね」って(笑)

 

ちなみにこれは2013年の2月の話です。
それからというもの、私のコンプレックスの塊だった脇は人並みレベルにまで回復しました。

 

さすがにまだちょっとコンプレックスはありますが、何とかノースリーブは着れます。
後は二の腕が太いっていう、別の問題はありますけど…。

 

キレイになったでしょ

 

今の日本は、大体の悩みは解決できる素晴らしい社会です。

 

脇が汚くて悩んでいる人。
私みたいに自己流でなんとかしようと思ってお金の無駄遣いをするよりも この方法が正解 ですよ。

 

確実にキレイな脇にするなら → これを試す ← のが近道です。